プラスチック成形金型の修理・補修・改造の総合窓口

金型修理メンテの基礎知識

ホットランナーの樹脂漏れ

概要

ホットランナーシステムは、熱可塑性のプラスチック射出成形において、樹脂を成形品まで流すために必要な道であるスプルーやランナーにおいても溶融した状態で保つシステムのことです。ホットランナーは、近年の環境問題において、無駄な廃棄ランナーを生まないという点から、非常に注目が集まっています。

そんなホットランナーでよくあるトラブルが、樹脂漏れです。なかなか気付きにくく、修理・メンテナンスには金型メーカーもしくはホットランナ-の専門業者が必要となります。

ウェルドラインが発生したり、成形中に金型から煙が発生した際は、ホットランナ-の樹脂漏れを疑い、まずはプラスチック金型メンテセンター.comまでお問い合わせください。

 

 

注意すべきトラブルとその前兆

    • 成形中に金型から煙が発生
    • ウェルドラインの位置が変わる

     

    ホットランナーの樹脂漏れの前兆として見られるのは、まず成形中に煙が上がることがあげられます。金型から煙が上がった際は、ホットランナーの樹脂漏れを疑う必要があります。

    また、ウェルドラインの位置が変化していた場合も、樹脂漏れが発生している可能性があります。というのも、多点ゲートの場合は、樹脂漏れが起こるとゲートの流量が均等でなくなってしまうため、偏りが発生してしまうためです。

     

トラブルが与える影響

    • 製品のショートモールド
    • ヒーター部からの漏電
    • 量産ストップ

     

    ホットランナーの樹脂漏れが発生すると、まずは製品のショートモールドという形で影響が発生します。このまま放置すると、ヒーター部からの漏電や、最悪の場合は量産停止にまで発展してしまいます。

    そのため、ホットランナーからの樹脂漏れが発生した場合は、いち早く修理する必要があります。

     

トラブルの対処法

    • ホットランナー専門業者に修理依頼する
    • 分解後に清掃、ホットランナー(ゲート)のオーバーホール
    • 金型の寸法確認、再加工

     

    ホットランナーの樹脂漏れは、ホットランナーの専門業者に修理依頼する必要があります。しかし、ホットランナーの専門業者を知らない場合にわざわざ探すのも手間がかかります。そのため、ホットランナーの専門業者に修理依頼する場合は、まずは当社のような金型メーカーに相談する必要があります。

    または、ホットランナー(ゲート)の分解・オーバーホール後に清掃をすることで、樹脂漏れが解決する場合もございます。

    分解後の清掃で直らない場合は、ホットランナーではなく金型に問題がある場合もあります。そのため当社では、ホットランナーだけでなく金型の寸法も確認し、必要があれば再加工まで行います。

     

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)