プラスチック成形金型の修理・補修・改造の総合窓口

金型修理メンテの基礎知識

金型のグリスアップ 立ち上げ

概要

グリスアップとは、古いグリス(半固体潤滑剤)を拭き取って新しいグリスを塗りなおす作業のことを意味します。製品部はフッ素グリス、摺動部はモリブデングリスが使用されるのが一般的です。グリスをしっかりと塗ることで、金型の摩耗抑制や摺動部の動きを滑らかにします。

注意すべきトラブルとその前兆

    • 金型のかみ合わせが悪い
    • 密封性や防水性等が損なわれ、異物が混入
    • 金型の動作が滑らかではない
    グリスアップが適切でない場合によく見られる前兆は、金型が滑らかに動かないという現象です。グリスが適切に塗布されていなかったり、グリスが切れてしまうと、まず金型のかみ合わせが悪くなります。油成分がなくなるため、金属同士での摺動となり、摩耗が発生しやすくなります。 射出成形金型におけるかみ合わせの悪さは、密封性等にも影響します。金型がガタついてしまうと、どうしても密封性や防水性の観点からデメリットが多く発生してしまいます。ここで見られるトラブルの前兆は、異物混入です。万が一成形品に異物混入が見られた際は、グリス切れによる金型のかみ合わせの悪さを疑う必要もあります。    

トラブルが与える影響

    • 金型にかじりや摩耗が発生
    • 製品にバリが発生
    • 金型摺動部の動作不良による、低品質な射出成形品
    グリスが切れてしまうと、先述のように金型部品同士の摺動になるため、射出成形金型にかじりや摩耗が発生するようになってしまいます。これが製品に影響すると、バリという形で不良品につながってしまいます。 つまり、適切な頻度でのグリスアップによる射出成形金型のメンテナンスが必要となるのです。  

トラブルの対処法

    • 古いグリスを拭き取って、新しいグリスを塗りなおす
    • エジェクタピン等の製品部には、フッ素系グリスを使用。指でなじませながら、微量を塗布する
    • ガイドなどの摺動部は、より高品質で熱に強いモリブデングリスを使用
    • グリスアップの方法としては、まずは古いグリスをふき取る必要があります。そうしないと、新しいグリスの乗りが悪くなってしまうためです。またグリスの種類に関しても注意する必要があります。
   

動画で詳細を見る

   

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)