プラスチック成形金型の修理・補修・改造の総合窓口

金型修理メンテの基礎知識

錆止め 終了時

概要

金型の稼働が終了して、常温に戻ったら、必ず錆止めスプレーを塗布する必要があります。特に季節商品の場合は、一度使用しなくなると長期停止になるため、丁寧に厚めにスプレー塗布をする必要があります。

注意すべきトラブルとその前兆

    • 錆止め塗布をしなかった場合、金型に錆が発生
    • 錆びが発生してから、錆を除去する前に錆止めの塗布

トラブルが与える影響

    • 腐食による金型表面(製品面)にピンホール発生
    • 金型のかじりや摩耗の発生
    • 射出成形品の不良品率の増加

トラブルの対処法

    • 錆除去をした後に、防錆剤の塗布
    • 季節商品用の金型は長期停止期間があるため、成型機200tクラスの金型なら500ml缶であれば半分程度を使用する
    • ランナーやスプールの穴への錆止め塗布は忘れがちのため、注意する

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)