プラスチック成形金型の修理・補修・改造の総合窓口

金型修理メンテの基礎知識

ここでは、射出成形金型の修理やメンテナンスに関する基礎知識をご紹介いたします。下記写真をクリックいただくと、各基礎知識の詳細ページをご覧いただけます。

  • その他

  • コイルスプリングのへたり確認
  • 金型のスライドコアの戻り、エジェクタープレートの戻りの補助的な役目をしてるのがコイルスプリングです。このコイルスプリングは、何度も金型を使用することでへたりが生じてしまうため、定期的に交換する必要があります。

  • その他

  • Oリングの摩耗確認
  • 金型部品として使用されるゴム製のOリングは、何度も金型を使用することでOリングがつぶれたり切れてしまうことがあります。成型中に製品に水跡がついてしまうようであれば、それはOリング交換のサインかもしれません。その際は、金型のオーバーホールを行ってOリングを交換する、さらにシリコンを塗って2重の対策をする必要があります。

  • その他

  • キャップボルトの摩耗確認
  • 金型の入れ子部品やベースを締め付ける際に用いられるのが、キャップボルトです。しかしこのキャップボルトは、金型の使用回数が増加するに伴い、ボルト自体が伸びてしまったり、ネジ山がすり減ってしまう摩耗が起きてしまうため、定期的に金型のオーバーホールを行い、キャップボルトの交換をする必要があります。

  • その他

  • オーバーホール項目
  • 金型点検の際に必須となる作業が、オーバーホールです。金型を部品単位まで分解してから、各部品の摩耗やかじり、錆の状態を確認してから、清掃・研磨などを行い、再度組立を行うことで、金型のライフサイクルを長くすることができます。

  • 終了時

  • 水抜き
  • 水抜きとは、カプラーを外して水回路から水を抜く作業のことです。1回路ずつ行わなければ、どこに水が残留しているかを確認することができないため、丁寧に行う必要があります。また、油を循環させて錆びないようにさせる場合もあります。

  • 終了時

  • 錆止め
  • 金型の稼働が終了して、常温に戻ったら、必ず錆止めスプレーを塗布する必要があります。特に季節商品の場合は、一度使用しなくなると長期停止になるため、丁寧に厚めにスプレー塗布をする必要があります。

  • 終了時

  • ガスヤニ清掃
  • ガスヤニとは、射出成形のロットが終わった瞬間に、固まった茶色い異物が金型に付着している状態のことです。このガスヤニによって、ガスが逃げ場につまり、製品のショートショットやバリ発生の原因になります。

  • 稼働中

  • グリスの切れ具合の確認
  • 稼働中に確認する項目としては、グリスの切れ具合もあげられます。万が一グリスが稼働中に切れてしまうと、金型がロックしたり、金型部品の破損が発生してしまい、射出成形が不可能となってしまいます。

  • 稼働中

  • 金型温度の確認
  • 金型稼働中は、金型の温度を確認する必要があります。設定温度の許容範囲外になっていたり、一部だけ異常に温度が高い場合は、冷却水回路におけるトラブルが発生している可能性が高いです。

  • 稼働中

  • 動作音の確認
  • 稼働中には、まず金型の動作音を常に確認する必要があります。「ギギギ…」という音が鳴っている場合は、様々なトラブルが発生して、射出成形ラインにおいて大きな影響を及ぼします。金型稼働中は、いつもと違う音がしていないか、耳を傾ける必要があります。

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)