プラスチック成形金型の修理・補修・改造の総合窓口

よくある質問

  • 偏肉修理とはどのような修理内容でしょうか?
  • 【回答】
  • 偏肉修理の方法としては、主に下記の3つの方法がございます。

    1. 薄肉部を削り、厚い方に合わせる
    2. インロー調整による偏肉修理
    3. インロー部にSUSライナー(シム)を挟み偏肉修理

    まず、単純に薄肉部を削り厚い方に合わせるという方法がございます。しかしこの方法は、機械加工を行い、ミガキ(鏡面等)作業が入るため、金額的にも数十万円という金額が掛かって来ます。

    2点目としては、インロー調整による偏肉修理があげられます。箱モノ形状といった、製品の立ちが高い製品の金型構造としては、インロー調整が出来るような構造にて金型製作をするということが一般的となっております。

    また、インロー部にライナーという部品をはめ込むようにして、その部分にSUSライナー(シム)を挟み偏肉調整を行う方法がございます。

    当社では、偏肉修理に関するご依頼も非常に多数いただいております。偏肉修理のことでお悩みの方は、プラスチック金型メンテセンター.comまでお問い合わせください。

     

    >>技術資料をダウンロードする

    >>見積り・技術相談をする

  • サイトについて
関連
Q&A

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)