プラスチック成形金型の修理・補修・改造の総合窓口

よくある質問

  • 偏肉調整におけるポイントを教えてください。
  • 【回答】
  • 偏肉調整のポイントとしては、主に2点ございます。

    ・調整前の金型の状況

    ・成形条件

    偏肉とはデリケートなものですし、薄肉+深物製品においては偏肉は永遠の課題といっても過言ではございません。もちろん、金型上の問題で偏肉という事もございますが、過去の経験上、成形条件等での偏肉改善も見受けられます。そのため、上記2点が偏肉調整の大きなポイントになります。

    当社では、偏肉調整のために、単純に薄肉部を削るという方法は、最終手段と考えております。また、SUSライナー(シム)による調整で偏肉が直るまで耐えることはできますが、むやみに調整しても、他の部分で不具合が発生する事が多いですので、偏肉調整も気を付けなければいけません。

    当社では、偏肉修理に関するご依頼も非常に多数いただいております。偏肉修理のことでお悩みの方は、プラスチック金型メンテセンター.comまでお問い合わせください。

     

    >>技術資料をダウンロードする

    >>見積り・技術相談をする

  • サイトについて
関連
Q&A

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)