プラスチック成形金型の修理・補修・改造の総合窓口

よくある質問

  • 射出成形におけるゲート残り対策として、金型メンテナンスの観点から何かご提案いただけますか?
  • 【回答】
  • ゲートの種類は何種類もございますが、ゲート残りという場合はピンゲートを採用された時にゲート残りが発生しやすいです。

    ピンゲートでゲート残りが発生してしまう原因としては、金型上での問題であったり、成形条件での問題も可能性もあります。金型においては、ゲート径(先端径)が太すぎて、切れが悪く中央部が残ってしまう、またランドの取り方不足によるゲート残りも発生の原因となります。

    ゲート残りに関する射出成形金型の修理・メンテナンス事例は多数ございます。例えば、ゲート先端形状は、今までは円が通常でしたが、ゲート残り対策として最近では先端形状が円ではなく楕円形状でのピンゲートも開発されています。

    プラスチック金型メンテセンター.comでも、お客様の課題に合わせて最適な射出成形金型の修理メンテナンス、または改造方法のご提案をさせていただきます。射出成形金型のゲート残り対策でお困りの方は、プラスチック金型メンテセンター.comまでお問い合わせください。

プラスチック金型のメンテナンス
の関連Q&A

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)