プラスチック成形金型の修理・補修・改造の総合窓口

よくある質問

  • 射出成形金型のメンテナンスの頻度はどれくらいが適切でしょうか?
  • 【回答】
  • 射出成形金型のメンテナンスには、日常的なメンテナンスと、オーバーホールによる部品交換を伴う大がかりなメンテナンスの、大きく2種類あります。

     

    日常的な射出成形金型のメンテナンスに関しては、プラスチック金型メンテセンター.COMでは、「量産が終わって金型を成形機から降ろす前に、ガスヤニ等の除去を簡易的に実施する」というメンテナンス頻度を推奨しております。

    金型を降ろす際のガスヤニ除去であれば、お客様自身でも対応可能な範囲となります。しかし、長い間金型を放置してしまうと、お客様では除去することができないガスヤニが生じてしまう恐れがあります。そのため、定期的にメンテナンスをお客様自身で行うことを推奨しております。

     

    一方、大掛かりなメンテナンスとなるオーバーホールに関しましては、ショット数や金型サイズなど、お客様によって違いがございます。何百万ショット成形する金型も当社では多々修理メンテナンスをしていますが、そのような金型に関しては、1年に1回オーバーホールされるお客様もいらっしゃれば、10万ショット毎にオーバーホールされるお客様もいらっしゃいます。

    こちらの大掛かりなメンテナンスに関しても、金型を動かさないタイミングでこまめにオーバーホールを実施することが推奨されます。

     

    射出成形金型の修理・補修・メンテナンスでお困りの方は、まずはプラスチック金型メンテセンター.COMまでご相談ください。

     

    >>技術資料をダウンロードする

    >>見積り・技術相談をする

  • サイトについて
関連
Q&A

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)