プラスチック成形金型の修理・補修・改造の総合窓口

よくある質問

  • SKD61等の焼入れ材でできた射出成形金型の肉盛り補正は可能ですか?
  • 【回答】
  • SKD61の焼入れ後の溶接修理というご質問かと思いますが、ぜひお任せください。

    肉盛り補正に使われる溶接は、YAGレーザ溶接、TIG溶接等が主流となってると思います。どちらの溶接方法でも問題なく、SKD61焼入れ後の修理等は問題ございません。

    是非、ご用命はプラスチック金型メンテセンター.COMまでご相談ください。

  • サイトについて
関連
Q&A

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)

お気軽にご相談ください!

  • ご相談・お見積りは無料!
    日本全国・世界のどこからでも即対応いたします。
    「老朽化した金型を修理したいが、メーカーが廃業してしまっている」「海外製の金型を使っているが、修理・改造まで対応してもらえない」「他社に修理を依頼したが、難しすぎるからと断られてしまった」 どんなことでもお任せください!
    担当:三井 (運営:三愛マクセル)

  • TEL.0256-46-8868
    (平日:9:00~18:00)